歯科矯正の種類。どんな方法があるの?

歯列矯正の種類は大きく分けて2種類!

歯列矯正というと、幼いころ、まだ大人の歯が生えそろったばかりの時に、数々の金具をつけ、高額な治療費を全額自己負担する印象派ありませんか?
たしかにそういった歯列矯正もございます。現在では、歯列矯正の種類も多岐にわたっています。その中で大きく分けて方法は2種類といえるでしょう。
ひとつは、ある歯の並びを外的な力を加えて矯正していく方法。もうひとつは、矯正したい一部の歯を抜いて疑似歯を移植する方法(インプラントなど)の2種類です。
注意するべき点は、歯列が乱れていることにより、著しくかみ合わせが悪かったり、骨格など心身の健康に悪影響と認められる場合は保険の適用がききますが、そうでない場合は保険適用外となります。

2種類の矯正方法の内訳

一つ目の、外的力を加えて熾烈を矯正する方法の中にはさらに2つの方法があるといえます。
ひとつめは、従来の金具を使う方法です。この方法のメリットは比較的安価で、金具の強い力で矯正するので確実に理想の歯並びにできます。デメリットは金具が歯の前面に出てしまうので、見た印象が芳しくないという点です。しかしこれは、金額は増す傾向にありますが、歯の裏側に金具を設置する方法尾も現在ではありますので、予算などに合わせて考えてみるのがいいでしょう。
ふたつめは、透明なマウスピースをはめて段階を追って矯正する方法です。メリットは目立ちにくいという点で、さらに、夜寝ている間だけ着けるタイプもありますので、矯正していることが分かりにくい点です。デメリットは、金具ほど強力ではないので、時間がかかる傾向があるという点です。

二つ目の歯を抜く方法には、一部を入れ歯にするという方法と、矯正したい一部をインプラントにするという方法です。
入れ歯はご存知の通り、金具などで留める歯を仮に装着するという形です。一方インプラントは人間の歯の成分に近いセラミックを利用し、その人にあった疑似歯を作り、完全に歯茎に埋め込みます。